陰陽師(悪霊退散)

除霊の塩でおすすめは?持ち歩くと悪霊退散になるって本当?

除霊 塩
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

日本では昔から、塩で身を清めることが習慣となっており、お相撲さんが土俵に撒いたり、お葬式から帰ってきたときに使ったりしますよね。

ぴよ吉
ぴよ吉
確かにそういうイメージあるよね。

今回は、日本に馴染みのある塩を使った除霊のやり方や、塩の種類について調査してみました!

塩で除霊する意味やおすすめの方法、そしてその効果もご紹介していきます。

また、おすすめの除霊のやり方や、塩の種類も理解し、しっかり意味を知って、効果のある方法で除霊をしていきましょう!

 

除霊で使う塩の種類は?

日本では古来から、けがれを落とすものとして塩が使われてきました。

また塩は、自然界が造り出したものの中で、一番優秀な成分と言われています。

身を清めることに使われてきた塩ですが、除霊をする為にはどんな塩を使ってもいいのでしょうか?

ぴよ吉
ぴよ吉
除霊するんだから、なんでもいい訳ではないよね。

リサーチしていくと、天然に近いものが良いとされることがわかりました!

そこで、具体的にどんな塩がいいのかご紹介しますので、見てきましょう。

 

除霊で使う塩は天然に近いものが良い!

除霊に使う塩は、天然に近いもが良く、食塩よりも効果があります。

地球は多くの国が海に囲まれている地形になっており、そのため世界には、数多くの塩が存在しているんですよ!

採取の方法が違うだけで、天然塩の種類はたくさんあります。

その中でも、除霊に適した塩は海水由来のものがおすすめです!

なぜかというと、古事記にはイザナギノミコトがこの世に戻ってきた際に、海水で身を清めたと記されています。

ぴよ吉
ぴよ吉
そんな歴史があるんだね。

このことから海水由来のものがよいと言われるようになりました。

日本だと次のような塩があります。

  • 天日塩(海塩)
  • 平釜塩(海塩)

また、この海水由来の天然塩の中でも、ミネラルを多く含んでいる、「粗塩」と呼ばれているものを使用するのが一番良いです!

そして、日本にはお清めした塩を販売している神社もあります。

天然塩の他に、このように神社でお清めされた塩を使うのも良いでしょう。

 

除霊に添加物の入った食塩はNG!

天然塩が除霊には良いと説明してきましたが、逆に添加物の入った塩は除霊には向いていません。

日本だと「食塩」と呼ばれているものです。

食塩は、イオン交換膜製塩法という方法で製造されており、にがり成分が除かれています。

また、添加物が入っていることが多いです。

このように、食用の為に作られた食塩は除霊には適していないので注意してください。

ぴよ吉
ぴよ吉
それは気を付けないと!

しっかり除霊したい方は、海水100%の無添加のものを選ぶようにしましょう!

 

除霊で使う塩の意味や効果・おすすめのやり方も解説します

ここまで除霊に使う塩の種類をみてきました。

次は、その塩で除霊を行う意味や、効果をご紹介していきます。

塩には厄除けの効果があると昔から言われており、それが現代まで言い伝えられてきました。

どういう意味があって現代まで伝えられてきたのか、具体的にはどのような効果が見込めるのかみていきましょう。

また最後には、塩でやる除霊の、おすすめのやり方もご紹介していきます。

ぴよ吉
ぴよ吉
除霊のやり方を教えてくれるのはありがたい!

それでは、まず意味や効果からみていきましょう♪

 

塩で除霊をする意味や効果をご紹介!

まず、塩で除霊をする意味ですが、厄というけがれを落とす意味があります。

先ほども言いましたが、イザナギノミコトがこの世に戻ってきた際に、海水で身を清めたということが始まりです。

塩の殺菌効果が、けがれを落とす効果があると言われており、昔から厄除けの1つとして塩が使われてきました。

この実績が現代まで、塩に厄除けの効果があると言い伝えられてきた理由になります。

科学的に証明されている訳ではありませんが、過去の実績で効果が認められ、現代まで信じて伝えられているのが大きな要因ですよね。

また、この意味を知らずに塩で除霊を行っている人も実は多いのでは?

気持ちの入っていない行動には、神様は力をかしてくれません。

ぴよ吉
ぴよ吉
そうだよね、しっかり気持ちを込めて力をかしていただこう。

除霊や厄除けといった行為には、人間の力だけではどうにもできないことです。

神様の力をかりる為にも、しっかりと意味や効果を知った上で除霊を行いましょう!

では、次におすすめの除霊のやり方を解説していきます。

 

おすすめの除霊のやり方を解説!

それではここから、おすすめの除霊のやり方をご紹介していきます。

  • 盛り塩
  • 持ち歩く
  • 塩風呂

今回は塩でできる、上記3つの除霊のやり方を解説していきます。

もしかしたら聞いたことのあるやり方もあるかもしれません。

ぴよ吉
ぴよ吉
聞いたことあるけど、実際どうやってやるのかは具体的に知らないな。

どのようにやったらいいのか、正しい除霊の方法を詳しく解説していくので、最後までご覧くださいね!

 

盛り塩

まず最初に、盛り塩のやり方からご紹介していきます。

  1. 塩を用意する。
  2. 柄や模様のついていない小皿を用意する。
  3. 三角錐に塩を盛る。

やり方は簡単な3ステップのみです!

塩を盛る小皿は、陶磁器製のものが使用することをおすすめします。

初心者だと作るのが難しいと感じる人もいるかもしれません。

最近は、盛り塩を綺麗につくることのできるセットも販売されているので、不安な方はそれを利用するのもいいでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
そんなセットがあるんだ!初心者には助かるな~。

盛り塩は、一般的に厄払いや、開運の為に用いられていることが多いです。

飲食店の入り口で見かけることがあると思いますが、良い人を寄せ付け、悪いものは寄せ付けないという意味もあります。

盛り塩は、やり方を間違えると逆に霊を刺激してしまうので、気を付けてくださいね!

また、置き場所は、自分が気になる場所が良いです。

気になるどんよりした場所がなければ、悪いものを寄せ付けないと言う意味で、玄関をおすすめします。

最後に、盛り塩が黒くなっていたり、崩れていたり、形状に変化があったらすぐに取り換えてください。

形状に変化がなければ、日本の神棚のさかきの交換時期に合わせて、1日と15日に交換するとよいでしょう。

交換した盛り塩は、つまらないように、ゆっくりと、必ず水に流してください。

ゴミ箱に捨てる行為はNGです!

盛り方から処分方法まで、盛り塩は正しい方法で行いましょう。

 

持ち歩く

次に、お守りの代わりに塩を持ち歩くことも除霊の効果があります。

海水由来の天然塩を、小さめのジップロックのような袋にいれて持ち歩きましょう。

塩をいれる袋は特に決まりはありません。

持ち歩いていると、外出先で、何か嫌な雰囲気だな…嫌な予感がするな…というときにすぐ使うことができるので安心です。

ぴよ吉
ぴよ吉
不安なときにすぐ取り出せるのは安心だね。

使い方としては、持ち歩くだけでも効果はありますが、凄く気になるときは舐めるのもいいと思います。

塩の取り過ぎは危険なので、少量を体の中に取り込み、内側から浄化するという方法も効果的です。

 

塩風呂

最後に、お風呂に塩を入れて、塩風呂にする方法も手軽にできるのでおすすめです。

まず、やり方の手順をご紹介します。

  1. 天然塩50g前後を用意する。
  2. お湯の温度を38~40℃のぬるめに設定する。
  3. 浴槽に塩をひとつかみ(50g前後)入れてしっかり混ぜる。
  4. 一度潜るように頭から足先まで浸かる。
  5. 約10~20分間浸かる。

注意点ですが、追い炊き機能のあるお風呂での塩風呂は故障の原因になります。

風呂釜に塩分が回ってしまうと、錆びて腐食してしまうことがあるので、気を付けてください。

塩風呂は除霊効果があるのはもちろん、発汗作用・保温効果・保湿効果もあるので、体調改善や美肌の効果も見込めます!

体内の老廃物を取り除く効果もあるので、入浴後お湯がドロドロになることも。

ぴよ吉
ぴよ吉
お湯がドロドロ…目に見えてわかるんだね。

塩風呂の除霊は、水に流すことで完了になるので、違う人がはいるときは必ずお湯を新しいものに入れかえてください。

また、塩風呂をやったあとの浴槽は、入念に洗い流し、浴槽をいためないように気を付けましょう。

 

まとめ

今回は除霊に使う塩の種類について調査してきました。

除霊に使う塩は、海水由来の天然塩「粗塩」と呼ばれるものが適していることがわかりましたね。

塩にはけがれを落とすという意味があり、主に厄除けの効果があります。

この意味や効果をしっかり理解した上で、おすすめした除霊のやり方を試してみてください!

間違えたやり方や、意味を理解していないと、効果は得られません。

ぴよ吉
ぴよ吉
正しい方法で、気持ちを込めて行わないとね。

除霊に使う塩の種類や、おすすめの除霊のやり方をご紹介してきたので、リサーチしてきたことを参考に、正しい方法で行ってくださいね。