陰陽師(悪霊退散)

悪いことが重なる時はお祓いすべき?神社やお寺どこに行けばいいのか解説

お祓い 悪いことが続く
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

悪いことが続くと不安になり、お祓いを受けた方がいいのかなと思われるのではないでしょうか?

SNSには『厄年じゃないけど、厄払いは受けられるのか?』といった声も多くあります。

ぴよ吉
ぴよ吉
お祓いは、厄年に行くイメージがあるしね。

また、お祓いを神社やお寺で受けたいが、どこに行けばいいのか分からないという方もいらっしゃいました。

そこで今回は、悪いことが続く時に神社やお寺で厄払いが受けられるのか調査するとともに、お祓いはどこに行けばいいのか解説していきます!

 

【お祓い】悪いことが続く時に神社や寺で厄払いできる?

厄年でなくても悪いことが続く時には、神社やお寺でのお祓いができます

『起こることには全て意味がある』とは聞くものの悪いことが続くと、不安だけでなくネガティブになってしまいますので、一刻も早くお祓いに行きたいと思ってしまいますよね。

ただ、悪いことが続くのはどうやら良いサインでもあるよう。

ぴよ吉
ぴよ吉
えっ?悪いことなのに良いことって、どういうこと?

さっそく、見ていきましょう!

 

厄年以外でも神社やお寺でお祓いできる!

厄年以外でも神社やお寺ではお祓いを受けることが可能であり、365日受付けしてくれる所がほとんどです。

ぴよ吉
ぴよ吉
事前に予約が必要な神社やお寺もあるので、確認してね!

ただ『厄払い』としての祈祷は厄年でないと受けられませんが、『厄除』『除災招福』『病気平癒』などの項目でお祓いを受けられますので、ご安心くださいね。

悪いことが続くと、いつもなら気にならないことでも、目に付くようになってしまいます。

お祓いを受けることにより安心感へと繋がりますので、『行った方がいいかな?』とお考えの方は、お祓いに一度行ってみるのがいいでしょう。

また、神社やお寺でのお祓いだけでなく、家にある不要品を処分するのもお祓い効果となります。

ぴよ吉
ぴよ吉
使われていないものは、運気を下げてしまうんだって!

日々の生活を正すためにも、邪気を祓うのが大切となるんですよ。

 

悪いことが続くのは良いことが起きる前触れ!?

にわかには信じにくいのですが『悪いことが続くのは良いことが起きる前触れ』とも言われます。

また、『明けない夜はない』との言葉もあるように、悪いことは一生続かないもの。

一生のうちに起きる『悪いこと・良いこと』にはバランスがあり、交互にやってくるだけでなく、次のステップに進むために、あえて悪い出来事として現れる場合があります。

ぴよ吉
ぴよ吉
成長するための試練となるんだね…。

仕事で失敗など悪いことが続くのは、今の状況を見つめ直すサインでもあるんだとか。

一度休むなどして自分と向き合い、そこから何が原因なのか、じっくり考えることで解決策が見つかることもあります。

自分を見つめ直すことで『今の仕事は自分に合っているのか、続けるのか・違う道へと進むのか』など考えるキッカケとなり、次のステップへと進んでいけるでしょう。

小さなことでも良いことを見つけ、少しでもプラスに考えるのが大切となります。

ただ、悪いことが続くだけでなく、良いことも起こると分かっていても、精神的ダメージが大きい場合は、なかなかプラスには考えられないですよね。

そんな時はお祓いでスッキリさせて、気持ちを切り替えるものいいでしょう。

 

【お祓い】悪いことが続く時どこに行けばいいのか解説します

お祓いを受けるには神社やお寺など様々ありますが、神社であれば、ご自身の住む近くの神社がいいと言われます。

ぴよ吉
ぴよ吉
わざわざ遠出しなくても、いいんだね!

また、自分がいいなと直感で感じた神社やお寺もおススメ。

この項目では、お祓いに行くなら近くの神社がいいとされる理由や、神社やお寺を選ぶ際のポイントを解説していきます!

 

遠くの神社よりもまずは身近な神社がいい!

神社でお祓いを受けるなら、遠くの神社よりも、まずはご自身の現在住む地域にある身近な神社へ出向いてみてください。

それぞれの地域には、その土地をお守りする神様(氏神)がいるとされますので、ご自身の住む場所を守ってくれている氏神にまずはお祓いをお願いするのがおススメ。

現在お住まいの氏神が分からない場合は、神社庁に問い合わせると教えてくれますよ!

ぴよ吉
ぴよ吉
神社本庁の公式ホームページに、都道府県別の神社庁一覧があるよ!

有名な神社や、旅行先で行きたい神社などがある方は、お祓いを受けたい神社で大丈夫だそうです。

お祓いは予約が必要となる場合もありますので、事前に確認をするようにしてくださいね。

 

お祓いは自分と縁のある神社やお寺もおススメ!

お祓いを受けるなら、自分と縁のある神社やお寺もおススメとなります。

ぴよ吉
ぴよ吉
縁のある神社って?

神様の中でもその土地を守る神様(氏神)の他に、自分が生まれた場所を守っている神様(産土神)がいらっしゃるんですよ。

産土神は、生まれた地域に現在住んでいなくても、生涯お守りしてくれる神様でもありますので、気になる方は産土神の神社へお祓いに行くのもいいでしょう。

産土神の調べ方も氏神と同様、自分の生まれた場所の神社庁に問い合わせると教えてくれます。

お寺でのお祓いは、ご自身が信仰する宗派がある場合は、そちらが縁あるお寺となりますが、宗派によってはお祓いを受付けていないこともありますので、ご注意ください。

神社かお寺のどちらでお祓いを受けるのかは、代々の家系が神道系であるか仏教徒であるかによって違ってきますが、特に信仰がない場合は、受けたい方を選んでくださいね。

お祓いを受けた翌年には、神社やお寺へお礼の参拝をした方がいいとされますので、再度訪れることのできる場所でお祓いを受けるのがいいでしょう。

 

まとめ

今回は、お祓いは悪いことが続く時に神社やお寺で厄払いできるのかを調査しましたが、いかかでしたか?

お祓いはどこに行けばいいかもおススメなど解説いたしましたので、ご参考になさってください。

神社やお寺では、厄年でなくてもお祓いができることが分かりましたので、悪いことが続くようでしたら、ぜひお祓いを受けにいってみてくださいね。

悪いことが続くのは『今の状況を見つめ直した方がいいのでは?』という意味もありますので、自分自身と向き合う時間とするのも大切です。

ぴよ吉
ぴよ吉
一生のうちで、良いことの方が少ないとも聞くしね…。

ただ、不安が払拭できない場合などは、無理せずに厄払いもお考えくださいね。

お祓いは悪いことが続く時に神社やお寺で受けられるのか、どこに行けばいいか分からないといった方のご参考になれば、幸いです。