復縁・再婚

復縁を迫られたら気をつけること5選!連絡の内容やNG行動も!

復縁 迫られた
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

別れた相手から突然復縁を迫られたら、驚いてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

初めは心が揺らいでも、復縁をする気がない場合は、連絡の内容やNG行動など気をつけることがあるんです。

SNSには『元カレが復縁をずっと迫ってくるので、怖い。』といったものや『復縁を断りたいが、変に刺激しそうで怖い。』といった深刻な声も多く見受けられました。

一方、復縁してもいいかなと思っている場合でも、一旦よく考えてからでないと、また同じことの繰り返しになることも。

ぴよ吉
ぴよ吉
見極めが重要みたいだね!

そこで今回は、復縁を迫られた時に気をつけること5選とともに、連絡内容やNG行動もご紹介します。

 

復縁を迫られた時に気をつけること5選!

この項目では、復縁を迫られた時に気をつけること5選をご紹介

復縁を断りたいか・復縁するのかで対応は異なってきますが、どちらにしても曖昧な返答は避けるのがトラブルに発展させないためにも重要となります。

ぴよ吉
ぴよ吉
恋愛トラブルは避けたいもんね…。

どのように対処していいのか、悩んでいる方はご参考になさってくださいね。

 

気をつけること5選をご紹介!

復縁を迫られた時に気をつけること5選はこちら

  1. 復縁の気がないならキッパリ断る!
  2. 期待を持たせるような連絡の仕方はしない!
  3. 気持ちの整理がついていない内はOKしない!
  4. 別れの原因が解消されているか見極める!
  5. 幸せな未来が描けるか考える!

どの対応でも、感情的にならないことが重要となります。

ぴよ吉
ぴよ吉
それぞれのポイントも紹介するので参考にしてね。

 

復縁の気がないならキッパリ断る!

復縁の気がないならキッパリと断りましょう

この時に重要となるのが『復縁はしない。』とハッキリ伝えることです。

ただ、冷たすぎる態度は相手を逆上させてしまうこともありますので、突き放すのではなく誠意のある対応を心がけてくださいね。

『察してほしい。』といった気持ちからの曖昧な返事は、後々トラブルとなってしまうこともありますので、復縁はできないとキチンと言葉で伝えましょう。

 

期待を持たせるような連絡の仕方はしない!

復縁をするつもりがないなら、相手に期待を持たせるような連絡はしないようにしましょう。

相手への気持ちがすでにないのに、復縁を迫られた連絡に『少し考えさせて。』と返答してしまうと、期待を持たれてしまいます。

優しさから断れずに、連絡をするのが遅くなってしまうのも、相手が変に期待を持ってしまうので、断るなら即返信くらいの勢いが必要に。

別れる際に、相手に別れる理由をキチンと伝えているなら、復縁の連絡が来ても対応しないのもありなんだとか。

 

気持ちの整理がついていない内はOKしない!

復縁を迫られた時に、ご自身の気持ちの整理がついていない内はOKしない方がいいでしょう。

復縁を迫ってくるのは、振られた側ばかりでなく、振った側からの場合もあります。

どちらの場合でも気持ちの整理がついていないのに、流されるように復縁をOKしてしまうと、『こんなはずじゃなかった。』といった状況になってしまうかもしれません。

気持ちの整理がつかない内に復縁を迫られたら、『なぜ復縁をしたいのか?』をまずは相手に聞いて、どうするべきかを考えるのがいいでしょう。

 

別れの原因が解消されているか見極める!

復縁を迫られた時に、復縁してもいいかなと思う場合であっても、別れの原因が解消されているか見極めるのが重要となります。

付き合っていた相手のギャンブルや浮気が原因で別れたなら、その根本原因が解決されなければ、復縁をしても同じ結果となってしまうでしょう。

また、暴力や束縛がひどかった場合は、特に慎重に見極めるようにしてください。

人が変わるのは、簡単なことではありませんので、情に流されるままに復縁をしても、また同じことの繰り返しをする可能性もあります。

ご自身でしっかりと見極めてから、復縁をするか・しないかの判断をしましょう。

 

幸せな未来が描けるか考える!

復縁を迫られた時にOKを出そうか迷っているなら、相手との幸せな未来が描けるかを考えてから返答するのがいいでしょう。

別れて間もない場合は、寂しさから、深く考えずに復縁にOKを出してしまうこともありそうですよね。

別れの原因は気持ち的な問題だけでなく、環境の問題もあるかもしれません。

復縁後の2人の未来を考えた時に、別れた原因を乗り越えることができ、明るく幸せな光景が想像できるかが重要となります。

 

復縁専門のカウンセラーに相談するのも吉

相談という行為は、問題を解決するだけでなく、気分を軽くして平静を取り戻すためにも必要な手段です。

特に復縁という分野においては、その人その人で深い悩みがつきものです。

そんな時は復縁専門のカウンセラーに相談しましょう!

「自分だけの問題」と思ってしまいがちな悩みも、共有することで和らぐもの。

ぜひカウンセラーに相談して、あなたの一歩を踏み出す一助となれば幸いです。

\今なら初回相談が無料

 

復縁を断った後もしつこく迫ってくる場合は周囲に相談を!

復縁を断ったにもかかわらず、その後もしつこく復縁を迫ってくる場合や不安を感じる場合は周囲に相談をしましょう

SNSにも『元カレが復縁をずっと迫ってくるので怖い。』といった深刻な声もありました。

何度も連絡が来る場合は、復縁は出来ないことをハッキリ伝えているなら、着信拒否やLINEのブロックをするのがいいでしょう。

その都度LINEの返信などをしてしまうと、脈ありと勘違いされてしまう可能性もあるんだそうです。

着信拒否後などに、相手に待ち伏せをされたり、脅されるようなことがあれば、迷わず警察への相談も視野に入れましょう。

『復縁を断った後に脅されたので、危険を感じ警察に相談した。』という方もいらっしゃいました。

ぴよ吉
ぴよ吉
警察から相手へ警告をしてくれたそうで、元カレからの脅しなどは治まったんだって。

トラブルになってしまいそうな時は、1人で解決をしようとせずに、必ず周りの方に相談をするようにしてくださいね!

 

復縁を迫られた時の連絡の内容やNG行動も!

トラブルに発展させないためにも、復縁を迫られた時の連絡の内容やNG行動など気を付けるべきことをご紹介します。

『可愛さ余って憎さが百倍』という言葉があるように、自分では大丈夫と思っていた行動でも、相手が逆上してしまうことも

ぴよ吉
ぴよ吉
特にSNSなどでの軽はずみな言動は、気をつけようね!

恋愛トラブルは、誰しもが避けたいことですよね。

さっそく連絡の内容やNG行動などを見ていきますので、ぜひ参考にしてください!

 

復縁を断りたい場合のNG行動をご紹介!

この項目では、復縁を断りたい場合のNG行動をご紹介します。

  1. 曖昧な返答しかしていないのに、急に連絡を無視するようになる。
  2. 連絡では他愛のない会話はしない。
  3. 会って話しをするなら、1人では行かない。
  4. 異性の存在をチラつかせるのはNG。
  5. 別れた直後のSNSでのリア充投稿はNG。

復縁を迫られた時に一番悩むのが、『断りづらい。』『対応の仕方が分からない。』といったことではないでしょうか。

ぴよ吉
ぴよ吉
相手に察して欲しいは、なかなか通用しないみたいだね…。

感情にまかせて行動するのではなく、冷静に考えて行動すれば、トラブルも回避できるでしょう。

それぞれ、詳しく見ていきます。

 

曖昧な返答しかしていないのに急に連絡を無視する!

ハッキリと『復縁はできない。』と伝えていないのに、面倒くさくなったり、フェードアウトを狙って相手からの連絡を急に無視しないようにしましょう。

相手が、どっちつかずの返答しかもらえていないと、『なんで無視するの?』といった疑問が大きくなり、納得できずに愛情ではなく、執着や意地へと変わってきてしまうことも。

 

連絡では他愛のない会話はしない!

相手からの連絡の返信に『元気だった?』といった、他愛のない会話はしないようにしましょう。

一見なんでもないと思える返信でも、相手によっては『他愛のない会話ができる。まだ脈がある。』と期待を持ってしまうことがあるんです。

 

会って話しをするなら1人では行かない!

相手から『会って話しをしたい。』と言われた場合、どうしても行かなければいけない時は決して1人では行かずに、誰かと一緒に行くようにしてくださいね。

また、夜ではなく昼間の明るい時間帯で、人通りの多い場所やお店がいいでしょう。

 

異性の存在をチラつかせるのはNG!

異性の存在アピールは、相手への嫉妬心を大きくさせてしまう可能性もあります。

復縁をあきらめさせようとの思いからの異性の存在アピールは、かえって逆効果となるようですよ。

 

別れた直後のSNSでのリア充投稿はNG!

別れて間もない内のSNSでのリア充投稿は、相手側が『自分だけ置いて行かれている。』と感じて逆上する可能性もあるので、控えるようにしましょう。

特にこちらが振った場合、大きなケンカではなく、こちらの気持ちが冷めたといったことが原因だと、別れの理由がキチンと伝わっていなかったり、相手が納得していない場合も

 

相手のプライドを傷つけないのが重要!

復縁を迫られた時に、断る・断らないどちらにしても、相手のプライドを傷つけないのが重要となります。

ぴよ吉
ぴよ吉
トラブル回避のためにも、気をつけようね!

男性の場合は特に、プライドを傷つけられた時に逆上してしまう傾向がありますので、復縁を断る場合でも、酷い言い方はしないようにしましょう。

また、ハッキリと別れの原因を伝えないままに別れてしまうと、相手は納得できずに復縁を迫ることがあります。

『急に別れを告げられた。話しだけ聞こうと会いに行ったら、ストーカー扱い。ただ理由を聞きたいだけなのに。』といった声がありました。

会いにこられた方は、怖いと感じてしまうことも、もちろんあるでしょう。

振った側の気持ちの中では完結していても、相手の気持ちはまだ完結できていないという、お互いの意思のすれ違いから、トラブルは起きてしまうのではないでしょうか。

プライドが傷つけられた、と相手に思わせないためにも、復縁を迫られる前の別れの段階で、別れる理由をキチンと伝えるのも重要だと感じます。

\今なら初回相談が無料

まとめ

今回は復縁を迫られた時に気をつけること5選とあわせて、連絡内容やNG行動をご紹介しましたが、いかがでしたか?

なかなかハッキリと復縁を断ることができないといった方も多いようですが、曖昧にしてしまう方がトラブルとなってしまうこともありますので、キチンと伝えた方がいいでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
断るなら、復縁はできないとちゃんと言葉で伝えようね。

復縁を迫られた時の連絡内容やNG行動なども、気をつけることを踏まえて冷静な態度で対応すれば、ほとんどは上手く解決できるようです。

ただ、復縁を迫られた時に『怖い』と感じるようなことがあれば、1人で抱え込まずに周りに相談してくださいね。

相手のプライドを傷つけるようなNG行動を取らなければ、トラブルになることも少ないでしょう。

今回の記事が、復縁を迫られた時に、どうすればいいのか気になっていた方の参考になれば幸いです。