江原啓之

江原啓之2023年の予想がヤバい?予言ではどんな年になるか調査!

江原啓之 2023年 予想 予言 どんな年
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

江原啓之さんは毎年、その年の予想・予言をキーワードとして発表しており、SNSでは当たると評判です。

今年の予想・予言キーワードは「なかなかハードなものだ」と早くもSNSでは話題になっているようで、2023年がどんな年になるのか気になりませんか?

ぴよ吉
ぴよ吉
近年の予想もハードなものが多かったのに、2023年も大変なの!?

コロナ禍から人々の生活もガラリと変わり、変革の大きい昨今となっていますが、果たして2023年はどんな年になるのでしょうか?

また、江原啓之さんがここ近年の予想・予言でよく言われる『食』のことも見ていきたいと思います!

 

江原啓之の2023年予想がヤバい?

激動の時代を生きていると言っても過言ではない現代ですが、江原啓之さんの2023年の予想には衝撃的なキーワードも…。

スピリチュアル界では、2023年は冥王星がみずがめ座へと移動し、大きな転換期を迎えると言われています。

冥王星は「破壊と再生」を意味しますが、「古い物を壊し、新しいものを生む」と読み解くことも出来るので、今までの概念が通らなくなってくる傾向もあるのだとか。

江原啓之さんの2023年の予想には、どんな意味が隠されているのかも、見てみたいと思います!

 

江原啓之2023年のキーワードは【終焉のワルツ】!

江原啓之さんの2023年の予言キーワードは、『終焉のワルツ』。

これは、『終わりのような危機が迫っているのに、のん気にワルツを踊っている人達』を表し、江原啓之さんはこの状況を大変危惧されているようです。

周りで起こっていることも、自分自身には直接関係がないと『見て見ぬふり』をする方が多く、また言われるままに流されていく人があまりにも多いと、江原啓之さんはおしゃっていました。

この終焉を逃れるために重要なのが、しっかりと自分の頭で考えて行動することだそう。

また、江原啓之さんは与えられた一歩通行の情報だけを信用して良いのか、とおっしゃっています。

与えられた情報は正しいのか一度自分でしっかりと考えること、そして真実の情報を自分から見つけに行くことが大切となってくるそうです。

また、「言われたから」と従うだけで真実を見抜かなければ、痛い目にあってしまうともおっしゃっていました。

ぴよ吉
ぴよ吉
疑問に思ったら、そのままにせず調べてみよう!

2023年が終焉してしまわないためにも、一人一人がしっかりと考えて行動することが重要となりそうです。

 

2023年の予想は衝撃的な日本の未来だった!

20231月に行われた江原啓之さんの新春講演会での内容がかなり衝撃的だったようで、SNSでも話題となっています。

なぜなら、2023年の予言キーワードである『終焉のワルツ』にくわえ、日本の未来予想がかなり厳しいものに。

このままでは食糧難やエネルギー問題、人口の減少、戦争などで日本がなくなってしまうという衝撃的な内容だったそうです。

ぴよ吉
ぴよ吉
日本がなくなっちゃうなんて、考えたくないな…。
ひた吉
ひた吉
そうならないためにも、一人一人が考えて行動しないと!ともおっしゃっていたそうだよ。

国内のみならず、世界中で今までには考えられないようなことも起きています。

2023年の予想もまだまだ波乱ではありますが、一人一人の自覚が大切となってきそうですね。

運気の整え方を知りたい方におすすめの本がありますので下記を参考にしてみてください!

 

 

江原啓之2023年の予言ではどんな年になるか調査!

江原啓之さんの2023年の予言では厳しい現実の年のようですが、しっかりと現実を見て行動できれば、危険を回避できるとおしゃっています。

また、江原啓之さんの最近の動画からは食糧問題に対して特に危機感を抱いているようにも感じられました。

江原啓之さんは、未来のためにも「食」を大切に考えるようになり、ご自身で無農薬のお米を育てているそうです。

未来とも関係しているからこそ、食にもこだわるのだとか。

この項目では2023年がどんな年になるのか調査するとともに、江原啓之さんの考える食についてもご紹介します!

 

2023年は現実をちゃんと見ることが大事!

江原啓之さんのここ数年の予言キーワードは、「破滅」や「亀裂」などマイナスなイメージのあるもので、そのキーワード通りの雰囲気な数年となっているのではないでしょうか。

2023年のキーワードである『終焉のワルツ』も衝撃的ではありますが、ワルツをそのまま踊り続けるのではなく、危機感をしっかりと持ち、備えれば終焉も避けられるそうです。

ぴよ吉
ぴよ吉
備えあれば患いなしだね!

江原啓之さんは未来を犠牲にしないために、何事においても現実をちゃんと見ることが大事であり、食など身近なものも見直していくことも大事とおっしゃっていました。

『終焉のワルツ』には、「流されるか・流されないか」という江原啓之さんのメッセージが込められているのではないでしょうか。

また、一人一人が真実に目を向け知ろうとすることも大切だそうです。

自分の運命は自分で決めていくものであり、自分を大切にしていくことが2023年をより良く過ごすポイントとなるのではないでしょうか。

 

江原啓之が予言で大切に想う「食」を考えてみた!

江原啓之さんは備える大切さや、2023年の運気を上げていくためにも家庭菜園をすすめられています。

物価高なので家計のためにもなりますし、自分で育てた食べ物に感謝の気持ちも生まれるので、運気アップにもなるそう。

また、江原啓之さんは体に取り入れるものを大切に考えるようになり、2021年の7月には表参道に「CAFE SANTA」というオーガニックカフェをオープンしました。

江原啓之さんの著書である、「子どもが危ない」・「いのちが危ない」・「あなたが危ない」という「危ない三部作」を書くきっかけは「食」だったそうです。

どのような食べ物を体に取り入れるかによって、人の思考も変わってきてしまうのでは、と考えるようになり、「食」を大切に想うようになったのだとか。

特に添加物において日本は規制が遅れており、諸外国では使用制限がかけられているものも日本では使用が出来るので、知らないうちに摂っていることが多いそうです。

また小麦などのグルテンの摂りすぎはうつ病の原因となったり、腸の不調を起こすとも言われています。

グルテンとは、小麦などから生成されるタンパク質であり、うどんやパンなどの小麦加工品を作る上で重要な役割を果たしている。グルテンへの過剰な感受性は、腹痛、下痢、頭痛、頭がぼんやりする、倦怠感、抑うつ、不安等の様々な身体症状や精神症状を引き起こすことがある。

出典元:https://www.hyo-med.ac.jp

ライ麦、大麦、小麦などに含まれるタンパク質であるグルテンは、アレルギーや腸漏れや腸管漏れで知られているリーキーガットを引き起こすことでも知られています。

また、近年の報告からは、不安やうつ病と健康とも大きな関連性が示唆されてきているようです。

出典元:https://www.interphoenix.com

小麦や添加物などを全く摂らないということではなく、江原啓之さんは、「体にどのような働きがあるのかを知ることが大切。」とおっしゃていました。

今の食事が10年後の私たちの体を作るとも言われていますので、より良い2023年にするためにも少しづつ「食」を考えてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

2023年の江原啓之さんの予言キーワードは『終焉のワルツ』で、2023年の予想も衝撃的なものとなっていました。

予想や予言が全てではありませんが、どんな年にしていけるかは人それぞれの捉え方次第で、前進できるキッカケとなることもあるでしょう。

また、ここ数年の世界的混乱の中で様々な疑問も湧いてきており、今まで以上に「知ることの大切さ」を痛感しています。

「私には関係ない。」と思っていても、回りまわって自分の足をすくわれることもあるかもしれません。

ただ、たくさんの情報が溢れていますので、見極める目を持つことも重要でしょう。

江原啓之さんが考える「食」の大切さも、自分を大切にすることに繋がるので取り入れてみるのも良さそうですね。

全てに気を付けることは難しくても、「今日はケーキを食べるのは1つにしておこう。」など少しずつ出来れば、結果として変わってくるのではないでしょうか。

ぴよ吉
ぴよ吉
少しずつの積み重ねが大事だね。

2023年が実際にどんな年となるのか分かりませんが、みなさんにとって少しでも良い年となりますように!